仙台Rゲート HOME > 仙台Rゲートマガジン > お役立ち情報 > あこがれの「タイル」のある生活

あこがれの「タイル」のある生活

お役立ち情報

リノベーションならではのオリジナリティあふれる住まいを目指すなら、ぜひ検討したいのが「タイル」。「ステキだな~」と思う空間では、アクセントとなるタイルがいい仕事をしています。今回はキッチンや洗面台まわりで上手にタイルを取り入れているお施主様の住まいをご紹介!ぜひ参考にしてみてください。

 

タイルをヘリンボーン柄に貼って個性派キッチンに!

最初にご紹介するのは、個性的なタイルの貼り方。タイルがお好きだというお施主様が選んだのは、お部屋のトーンに合わせた真っ白なタイル。それを写真で見かけたというヘリンボーン柄になるように、貼り方をリクエストしたそうです。床ではよく見かけるこの貼り方ですが、もちろん壁面にもOK!システムキッチンもタイルの貼り方一つでずいぶんと印象が変わります。

 

同系色のタイルを組み合わせて作る男前なキッチン&洗面台


続いては、同系色のタイルで色のトーンを変えたパターン。無骨でハードな雰囲気のお部屋のキッチンは、茶系とステンレスで統一。さらにキッチンの隣にある洗面台にも同じタイルを採用。数種類の茶系のタイルを組み合わせることで、壁にリズムが生まれ、表情豊かなキッチンと洗面台に!タイルにはせっかくいろいろな種類や形、色があるので、その組み合わせを迷うこともリノベーションの醍醐味です。

 

色は統一。形で遊んだキッチン&洗面台



もちろん一つの住まいで、いろいろな形のタイルを組み合わせる方法もあります。色選びを重視していたお施主様のお住まいでは、1階を奥様がお好きなグリーン系のタイルで統一。キッチンにはシンプルな長方形、洗面台は遊び心のあるヘキサゴンを取り入れています。同じ色味でも洗面台はどこかレトロな雰囲気に!

 

「タイルはステキだけど、水回りで使うとお手入れが大変そう…」と思う方も多いはず。リノベーション経験者のRゲートマガジン編集スタッフも、そう思っていた一人です…。でもリノベーションから3年ほどたった今。マメにお手入れするタイプではありませんが、心配していた目地のカビやタイルの汚れも気になりません。取材させていただいたお施主様からも「たまにサッと拭くくらいで意外とお手入れは簡単!」という声をよく聞きます。迷っている方がいたら、タイルのある生活、おすすめですよ!

今後はこだわり派に人気の「スイッチ」についても取材していきたいと思います。お楽しみに!