仙台Rゲート HOME > 仙台Rゲートマガジン > お役立ち情報 > パイン、オーク、ウォールナット! 「無垢材フローリング」、なぜ人気?

パイン、オーク、ウォールナット! 「無垢材フローリング」、なぜ人気?

お役立ち情報

Rゲートのリノベーションでも大人気の「無垢材フローリング」。お部屋の中で壁・天井とともに大きな面積を占める床だからこそ、こだわりたいですよね。でもそもそも、無垢材ってどんなものなのでしょうか?今回はその魅力や木の種類など、「無垢材フローリング」について解説していきます。

●無垢材とは?
「あたたかみがある」「自然な風合い」と、人気の無垢材フローリング。無垢材とは一本の木から切り出したままの木材のこと。一方、比較されるものとしては合板がありますが、これはベースとなるベニヤ板の上に、薄くスライスした無垢材や、木目をプリントしたシートをはっているものになります。無垢材は天然の木材なので、反りや割れ、傷などに気を付けなくてはいけませんが、加工された合板にはない、自然素材ならではの美しさがあります。

●無垢材フローリングの魅力
・裸足で歩きたくなる心地良さ
無垢材の一番の魅力は、肌触りの良さ。フローリングのヒヤッとした感じがないので、一年中裸足で過ごしたくなる心地良さです。さらに表面がやわらかいので、足にもやさしい!

・床を“育てる”楽しさ
年月を重ねるごとに、色や風合いの変化が楽しめるのも無垢材の魅力。だんだんと飴色になり、ツヤ感が増していく。床を育てていく感覚を味わえるのは、無垢材ならではの贅沢です。

・メンテナンスがしやすい
無垢材と言っても、自然塗料での塗装を施すことがほとんど。表面がやわらかいので傷がつきやすい無垢材ですが、同じ色の塗料を浸透させてしまえば、ほとんど傷は目立ちません。

・色の選択肢の幅が広い
無垢材は加工済みの合板と違い塗装ができるので、微妙な色の調整も可能。お部屋の雰囲気に合わせて「もう少し濃い色に…」というワガママも叶えられます。

●無垢材フローリングで人気の木材
・スギ
香りや良く、やわらかいので足にやさしい。比較的安価な素材。

・パイン(マツ)
節が多く、カントリーテイストな雰囲気。時間が経つと飴色に。

・オーク(ナラ)
無垢材フローリングの中でも人気の木材。かたく、傷がつきにくい。

・ウォールナット(クルミ)
深い色合いと、なめらかな木目の美しさが際立つ、丈夫な木材。

・チーク
重厚感のある味わい深い木材。水に強く、耐久性に優れている。

 

床は面積が広いので、選ぶ床材によって予算に大きく関係してきます。一般的には無垢材の方が高価になるので、例えば人が集まるリビングは無垢材、汚れや傷が気になる子供部屋は合板、と分けることも、選択肢の一つです。ぜひ、無垢材フローリングを取り入れたすてきなリノベーションを考えてみてください。

 

 

【今回教えてくれた人】
株式会社アイ・クルール 石原 由梨さん