仙台Rゲート HOME > 仙台Rゲートマガジン > お役立ち情報 > フローリングだけじゃない!「床」にこだわるリノベーション

フローリングだけじゃない!「床」にこだわるリノベーション

お役立ち情報

前回ご紹介した「無垢材フローリング」。たしかにリノベーションでは人気ですが、床材はそれだけではありません。カーペットやタイルなど、いろいろな素材をセレクトできるのも、リノベーションの醍醐味。今回は、お部屋によって上手に床材を変えているお施主様のお住まいをご紹介します。

 

●肌触りの良い「杉の無垢材フローリング」のリビング

お施主様の遊び心とリノベーションのこだわりが詰まったマンション。リビングと寝室の床材に選んだのは、南三陸の杉の無垢材。お施主様自ら材木店に足を運び、色や形、質感などを確かめて選んだそうです。さすがは杉の無垢材。踏んだ時の感覚もやわらかく、裸足で歩きたくなる心地良さでした。

 

●ネイルサロンの床は「ヘリンボーン柄のカーペット」


ご自宅でネイルサロンを開いているお施主様。玄関から入ってすぐの一室がネイルサロン、廊下を抜けた奥の部屋がプライベートスペースになっています。プライベートスペースはパインの無垢材フローリングですが、ネイルサロンはお客様の過ごしやすさを考えてカーペットに。複数のカーペットを細く切ってヘリンボーン柄にした床は、フレンチシャビーシックなネイルサロンの雰囲気にぴったりです。

 

●窓際は「タイル」でインナーテラス風に


無垢材フローリングとの組み合わせが人気のタイル。戸建てリノベーションをされたお施主様は、1階LDKの窓際の床にタイルを選択。床材を変えることで空間をゆるやかに区切り、同じLDKの空間にありながら、インナーテラスのような役割を果たしています。キッチンと床材のタイルの色をグリーン系で揃えているのも素敵でした。

 

「床」と言ってもその素材はいろいろ。もちろん同じ住まいでも、空間によって床材を変えてみてもいいんです!Rゲートマガジンスタッフの家は、リビングダイニングや仕事部屋、寝室はチークの無垢材フローリング、キッチンとインナーテラスはタイルにしています。床材を変えることで、建具や壁で仕切らなくても空間を区切ることができるというメリットもありますよ。