仙台Rゲート HOME > 仙台Rゲートマガジン > お役立ち情報 > “収納”が鍵!キッチンリノベーション

“収納”が鍵!キッチンリノベーション

お役立ち情報

毎日使う場所だからこそ、リノベーションで力を入れたい「キッチン」。機能性はもちろん、動線やデザインなど、こだわりたいポイントがいっぱい!そんなキッチンリノベーションの満足度を大きく左右するのが“収納”です。そこで今回は、理想のキッチンに近付けるキーポイントを解説していきます。

 

●“見せる収納”か“隠す収納”か考える。
キッチンにお気に入りの食器や鍋がずらりと並ぶ“見せる収納”は魅力的ですが、ホコリが気になるところ…。毎日同じ食器をローテーションで使ったり、マメに掃除をするなら問題ありませんが、その日の気分や料理によって食器を使い分ける人や、掃除が苦手な人は、扉を付けたり引き出しにしまう“隠す収納”をセレクトした方がいいでしょう。

 

●手持ちの食器・キッチン用品の量を把握する。
まずはリノベーション後の家で使う予定の食器やキッチン用品が、どのくらいあるのか確認しましょう。その上で常に使う物、お客様用、季節物などカテゴリー分けをしてみると、どこに何をどのようにしまったら使いやすいのかが見えてきます。写真を撮って、設計担当者に相談してみるのもおすすめです。

 

●家族構成の変化を視野に入れる。
年月が経てば家族構成も変わります。例えばお子さんが生まれる予定のある方は、今より食器等が増えることを想定して収納スペースに余裕を持たせた方がいいでしょう。家族構成が変わる予定がない場合も、ある程度の余白を持たせておくと安心です。

 

●食器棚にこだわらない!
「食器は食器棚に収納するもの」という考えを捨ててみましょう。食器が少なければシステムキッチンのシンク下で事足りたり、パントリーがあればそこにプラスチックの引き出しを置いて食器の収納場所にすることもできます。

 

●家電を含めたレイアウト構成を。
アース線やコンセントの位置関係から、冷蔵庫やオーブンレンジの置き場はあまり変更がきかないのでしっかりと考えておきたいところ。キッチンを家具として見せたい場合は、なるべく家電を隠すレイアウトを考えてみましょう。パントリーに収納するという方法もあります。

 

●ゴミ箱やリサイクルゴミのスペースを確保する。
意外と忘れがちなのが、ゴミ箱の置き場やリサイクルゴミの一時保管場所。カウンターの下に分別用ゴミ箱を置くスペースを作ったり、キッチンの中に収納してしまう方法もあります。ダンボールや食品トレイなどかさばるリサイクルゴミは、キッチン以外の場所に保管スペースを確保するとスッキリします。

 

一人ひとりのライフスタイルに合ったキッチンをオリジナルで作ることができるのが、リノベーションの醍醐味の一つ。機能性やデザインだけでなく、収納にも注目して、理想のキッチンを叶えてみてください。

 

【今回教えてくれた人】
株式会社アイ・クルール 石原 由梨さん