仙台Rゲート HOME 実績紹介 PROJECT-023 木の質感を活かして

PROJECT-023
一戸建て
木の質感を活かして

わがまま
コンセプト
重厚感ある平屋で、
木と暮らす。
BEFORE
AFTER
POINT
この実例の「わがまま」ポイント
普通の新築物件じゃ、
ピンとこない!
たくさんの新築物件を検討された結果、デザイン性や間取り・収納量に納得いくものがなかったという事からご相談。今回縁あって巡り合った中古の住まいは、純和風の平屋住宅。前の家主さんが趣向を凝らして建てられた赴きある物件でした。立地の良さと予算感はもちろんですが、元々ある建物の重厚感ある雰囲気も気に入っていただき、早速リノベーションのステップへと進めることになりました。
01
リクエストは、
キッチンカウンターだけ
元々の物件は、部屋の真ん中にある畳の居間を、縁側と廊下が囲む間取りでした。リノベーションであれば一から間取りを考え直すことができます。お施主さまからリクエストいただいたのは、キッチンに大きな作業カウンターがほしいということ。広くて使いやすいだけでなく、大容量の収納スペースになっています。リビングはガラスの框戸からゆったりと縁側まで続く、広々とした空間になりました。
02
古さを活かした
デザインにして!
設計デザイン上、大切にしたことは既存の木造の風合いを活かすことでした。取って付けた様なリフォームではなく、元々あった良いものはできるだ活かす設計になっています。門扉はこのまま残し、塗装を施しました。元々あった建物の重厚感は活かしながら、明るくナチュラルな空間に生まれ変わっています。天井の梁の風合いに合わせて、床に使用したフレンチパイン材にはあえて塗装をしませんでした。縁側から入る日差しが、木の柔らかい質感を美しく演出しています。
03
▼ 施工前
▼ 施工中
▼ 施工後
DATA
立地
仙台市宮城野区枡江
構造
木造
築年月
1984年10月
延べ床面積
158.14㎡
リノベ費用
物件 3,350万円
 工事 1,680万円
 合計 5,030万円
BEFORE
準備中
AFTER
準備中

PROJECT MEMBER

当プロジェクトを担当させていただいたメンバーをご紹介します
  • 株式会社アイ・クルール
    石垣智浩
  • 齋藤和哉建築設計事務所
    齋藤和哉
  • 株式会社エコラ
    百田好徳